【渋谷美容室アンククロス小澤秀樹ブログ】

*

薬剤が混ぜてからの置き時間で発色かわる?!#アンククロス#マルチバース

   


今回は混ぜ終わったカラー剤を

  1. 混ぜ終わってすぐ塗布
  2. 混ぜ終わって5分後塗布
  3. 混ぜ終わって15分後塗布
  4. 混ぜ終わって30分後塗布

という形で4つの毛束を用意しました!
発色のメカニズム的に30分はアルカリの作用が。。。とかいろいろ考えちゃいますよね。

思ったらいざ行動っ!やったほーがええ!
見逃し三振より空振り三振だろっ!w

wwww

じわりました?はい、実験いきまーす!

そうです!ビフォーなんて画像ないっす!

もろアフターのせます!

どんっ!

  
ブリーチ2回後ピンク系7レベルを6パーセントでオン

左から順に

  1. 混ぜ終わってすぐ塗布
  2. 混ぜ終わって5分後塗布
  3. 混ぜ終わって15分後塗布
  4. 混ぜ終わって30分後塗布

うーんクリア感が違いますね。左の混ぜてからすぐだとアルカリの作用もあり一回リフトしてから色味が入るため30分後の毛束は暗くなってる。おそらくこれはアルカリの作用がなくなり色味だけで毛束に入ったので暗くなったのだろう!

モノマーっていう単体が互いに結びつきポリマーなって発色していく!

今回はブリーチ2回している毛束に塗布しているので本来染める毛束を健康毛や10レベルのカラー毛にしたら結果は逆だっただろう!

こういう実験面白いっすね!また!

ご質問やご予約はLINE@から!

オリジナル商品はこちらでーす!
ANKHCROSS SHOP


 - ヘアスタイル